檀家制度とは?その歴史と概要は?

檀家制度とは?その歴史と概要は?のアイキャッチ

檀家制度は江戸時代の産物?

寺院墓地が公営墓地や民営墓地と大きく異なる点の一つに檀家制度があります。基本的に寺院墓地を購入するとき、檀信徒加入契約が必要となります。そのお寺を経済的に支えなければなりません。
お寺の信徒としてそこに加入する「檀家制度」の起源は江戸時代にあります。もともとは徳川幕府がキリスト教徒を弾圧するためにとった政策でした。民衆はどこかのお寺の檀家になること義務づけられました。お寺にキリスト教徒でないことを保証してもらうためです。幕府は各お寺に檀家の名簿となる「宗門人別帳」を作らせました。名簿に名前が載っていなければキリスト教徒とみなされたのです。
現在では檀家制度にキリスト教の弾圧という当初の目的はなくなりました。檀家の問題ばかりが喧伝されますが、檀家になる良さもあります。檀家になることで手厚い供養を受けることができるのです。寺院だからこそできる心のケアができるというのも無視できません

「入壇家志納料」はお寺への入会金?

寺院墓地を購入する段になると、お寺の宗派を信仰する「檀家」として加わるお金、いわば入会金を払います。それが「入壇家志納料」と呼ばれるものです。入檀家志納料の相場は10~30万円と言われています。入壇家志納料の支払いと永代使用料の支払いにはお寺によって異なるため注意しましょう。支払いには3つのケースがあります。

①入壇家志納料のみ
②入壇家志納料と別に永代使用料が必要
③永代使用料のみ

広告で「永代使用料○○万円」と出ていても、入壇料が含まれているかどうかはお寺ごとに違います。入壇家志納料は、一般的にはその家の代々の子孫まで有効です。次の代が娘一人で結婚したために性が変わった、という場合に新たに入壇家志納料を求められる場合もあります。

壇家をやめるにはお金が必要?

檀家をやめることを離檀といいます。離檀した場合、お墓を撤去するしなければなりません。自宅が遠くお墓参りになかなか行けないことから、お墓の引っ越しをするために離檀する場合が多いです。
離檀する際には離檀料が必要となる場合があります。離檀料は一般的に法要一回分が目安とされています。相場としては10~20万円程度です。
悪質の場合100万円以上の請求をされることがあったようですが、そのような場合は稀のようです。離檀料自体はお世話になっていたことの感謝として支払っているものですので、法的に支払いの義務はありません。ただ、お墓を引っ越しする際に必要となる書類の作成にお寺のサインが必要であることから、トラブルが発展することがあります。離檀でトラブルが発生した際には、弁護士や市町村の法律相談所を活用しましょう。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段