お墓の値段

お墓の値段のアイキャッチ

お墓の値段

お墓にかかる費用は永代使用料」、「墓石代」、「管理料」という3つの要素から成り立っています。
ご予算を立てる時や見積もり書をご覧になる際、3つを意識することで見落としを防ぐことができます。

お墓の費用永代使用料墓石代+(管理料×利用年数)

永代使用料
永代使用料とは、墓石を建立する土地部分「永代にわたり使用する権利」を取得するための費用です。
永代使用料は墓地の面積や方角によって変わります。

墓石代
墓石代とは、墓石と花立をはじめとした備品の価格と工事費用の合計です。
墓石代は墓石の石種や使う墓石の量で価格は変わってきます。

管理料
年間管理料とは、霊園内の共用部分(参道、水道設備、駐車場など)を維持・管理するために払う費用です。
一見安いほうがよいかと思われますが、霊園の維持には必要な費用です。あまりに安すぎる時は経営がしっかりしているか疑いましょう。

永代使用料とは

永代使用料とはお墓の場所代のことです。

お墓を建てる時に「墓地を買う」と言いますが、正確には「永代使用権を買う」です。
土地を所有する権利を買う訳ではありません。
土地を借りる といったほうが正しいのです。

永代使用権の内容や制度はそれぞれの契約によって異なりますから、契約内容を十分確認しましょう。

お墓の面積あたりの永代使用料は安い順に公営民営寺院になります。

ただ、限られた予算である場合、公営が良いとは限りません。
公営が必ずしも安く済むわけではないのです。
というのも、公営での面積が大きな区画しかない場合があるからです。

昨今の状況に合わせて、民営の場合は1㎡以下で販売されているケースも多くあります。
民営墓地のほうが墓石費用まで含めた総費用が安くなる場合もあります。
値段という面では公営、民営だけでお墓を決めずに、じっくり検討しましょう

墓石費用

墓石費用は墓石の本体外柵工事費の3つの総費用のことです。

墓石の本体
墓石の値段は石の大きさと種類で数十万円から1,000万円以上と言われます。

墓石は高ければ良いというわけではないので注意してください。
単純に価格が品質を反映しているとは限りません。
墓石の値段を決める最大の要因は、石の品質ではなく希少性にあるからです。

墓石は、石の種類ごとの採れる量が多いか少ないかによって価格が決まってくるものだからです。

では、どのように墓石の品質を見極めればよいのでしょうか?

墓石に一番重要なことは耐久性です。
子孫代々に渡り利用できる墓石こそが、品質の良い墓石といえるでしょう。

耐久性のある石かどうか判断するには、次の3点に注目しましょう。

耐久性のある石の3つの特徴
・硬度が高い。
・水を吸いにくい。
・石そのものに傷やムラがなくキメ細かい。

ちなみに現在、よく使われる墓石は磨くと光沢の出る花崗岩です。

外柵
外柵はお墓の周りを囲う枠のことです。

隣の墓地との境界線としての役割を果たします。
なお、外柵と墓石の料金が分かれているのは、建設する時期が異なる場合が多いからです。

工事費
工事費は、お墓の場所面積によって大きく異なります
工事費の内訳は基礎工事費外柵工事費墓石工事費の3つの内訳になります。
 
 

管理費

お墓を買うと毎年、管理費がかかります。

管理費の目安は4,000円から15,000円です。

管理費は墓地にある施設の維持・管理のための費用です。
参道整備、水道設備、駐車場維持、緑地・墓地清掃に使われます。

管理費が安すぎる場合は施設の維持に不安が残ります。
霊園を運営している母体が経営破綻に陥ると霊園の整備がされずにところどころで荒れ果てる可能性があるので十分注意しましょう。

また、管理費を滞納すると使用権を取り消される要因にもなります。
忘れないで支払うようにしましょう。

なお、永代使用料と墓石費用と異なり、毎年かかることから長期的な負担になりやすいためしっかりと考慮してからお墓を選んでください。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
檀家制度とは