お盆の由来を知ろう

お盆の由来を知ろうのアイキャッチ

お盆とは?

「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことで略してお盆と言います。
お盆の行事は「盂蘭盆会」に由来します。「盂蘭盆会」はサンスクリット語の「ウランバナ」に由来します。ウランバナは「逆さ吊り」という意味です。
「逆さ吊り」とお盆は関係なさそうですが、目連尊者というお釈迦様の弟子の母親供養の話に説かれています。目連はお釈迦様の弟子の中でも神通力一番と言われていました。ある時、目連は神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです。死後の世界で母親は餓鬼道に堕ちて、逆さ吊りで飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。目連はお釈迦様にどうしたらは母親を救えるのかをたずねました。お釈迦様は「お前の母親は生前、物惜しみして他人に布施をしなかった。代わりに貴方が布施行をするとよいでしょう。」と言いました。目連はお釈迦様の教えにしたがい、僧侶たちの夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧や貧困に苦しむ人たちに飲食物を施したのです。目連の功徳によって母親は極楽往生がとげられました。目連尊者が布施をして以来、旧暦の7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をする重要な日になったのです。
日本においてはお盆の時期は、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。日本各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わり地方によって慣習は大きく異なります。

お盆の行事

お盆の行事は地域によって異なりますが、一般的に以下のような慣習があります。

◇迎え盆・送り盆

  1. ご先祖様の霊を迎える「精霊棚」を13日の朝につくります。
  2. 13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、先祖の霊を迎えます。これを「精霊迎え」とも言います。「精霊迎え」の時に、霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。
  3. 16日の「送り盆」の日に、お盆の間一緒に過ごした祖先の霊を送りだすのが「精霊送り」です。「精霊送り」の時には「送り火」を焚きます。

◇棚経
棚経とは、お盆の期間に、菩提寺の僧侶が檀家を一軒一軒回り、お経をあげます。棚経に回られた僧侶にお布施を用意しておきます。相場はだいたい5,000円~20,000円程度です。遠方から来ていただいた場合にはお車代として、往復のタクシー料金の金額もお渡ししましょう。地域によってはお金ではなく、お食事やお土産をお布施として渡す場合もあります。

◇新盆(アラボン、ニイボンなど)
故人の四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆をいいます。
四十九日よりも前にお盆を迎えた場合には、その年ではなく翌年が新盆となります。新盆の際のお供え物は団子が一般的です。
新盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆ということになります。新盆では親族以外にも故人に縁のある人をお招きし、念入りに供養が行われます。

◇新盆提灯・盆提灯
盆提灯とは故人の霊が道に迷わないようにするために使われる提灯です。盆提灯は軒先などに吊り下げたり、精霊棚の前に対になるよう置いたりして飾ります。中でも、新盆には新盆提灯として白張りの提灯を使います。親戚や縁者からのお供えには柄のついた提灯を用いることが一般的です。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の相場はどのくらい?
人気霊園の3大ポイント
お墓の歴史
無縁墓とは
戒名・法名・法号の知識
ペットが死亡した時の対応
消費税増税前のお墓購入の落とし穴とは?
指定石材店制度とは
手元供養とは