戒名・法名・法号の知識

戒名・法名・法号の知識のアイキャッチ

戒名・法名・法号の知識

本来、戒名・法名・法号は戒律を守る証でした。仏道修行に入った出家者だけに贈られるものだったのです。本来の戒律は一般の人には厳しすぎてなかなかいただけるものではありませんでした。現在では、死者に贈られる名前のように考えられがちですが、本来は仏弟子となった証としてつけるものなのです。亡くなった方に戒名を授けることが一般化したのは、仏弟子として葬儀を行うようになったからです。
宗派によっては戒名と言わず、法名や法号と呼びます。浄土真宗では戒名ではなく、法名を使います。浄土真宗の開祖である親鸞聖人は「何一つとして戒を守れない凡夫だから、弥陀の誓願によってのみ救われる」と説いており、戒律が存在しないためです。日蓮宗でも戒名よりも「法号」と言うことが多いようです。
菩提寺の僧侶がふさわしい戒名をつけてくれます。例えば、漫画家の手塚治虫の戒名は伯藝院殿覚圓蟲聖大居士です。「文艦」と文章との関係を連想しやすいものとなっています。戒名は故人の人柄、趣味、職業などを参考につけられます。戒名は院号・道号・戒名・位号という構造から成り立ちます。
 

◇院号・院殿号とは

院とは立派な屋敷のことです。院号が使われるようになったのは、足利尊氏が「等寺院殿」という屋敷の名前を戒名の上につけたことに由来します。生前に一寺を建立するほど寺院につくすとか、社会的に高い貢献をした人につけられます。単純に戒名料を多額におさめたからといって院号がつけられるというものではありません。

◇道号とは

戒名の上につけられるもう一種類の名です。分かりやすく言えば号とか字(あざな)にあたるものです。歌人や俳人が別名をもっているようなもので、中国にこの道号が生まれました。日本に伝わってから戒名の上につけられるようになりました。性格や趣味と関係する文字を組み入れることが多いです。

◇位号とは

位号は仏教の階級を表します。戒名の下につけられている「居士」とか「大姉」という文字にあたります。性別・年齢などによって違いがあります。種類については後述します。

宗派による特徴

◇真言宗

位牌の上部に大日如来の種子である梵字の「ア」を記します。等しく大日如来の弟子であることを表しているのです。

◇浄土宗

道号の前に誉を含めて2文字入るのが特徴です。誉号は、五重相伝という法会を受けた人に与えられていましたが、最近は受けていなくても与えられることがあるようです。

◇日蓮宗

道号に男性は法、女性には妙がつくことが多いのが特徴です。法号に日の字が入っていることがあります。日号は、お寺や宗派に貢献した人に与えられるものでしたが、最近は社会的に功績のあった人にも与えられるようです。

◇浄土真宗本願寺派・真宗大谷派

2文字の法名の前に釋(釈)という文字が入るが特徴です。東晋の道安が仏弟子となれば、みな釈迦の姓を唱えるべきとして自ら「釈道安」と号したのが始まりです。

位号の種類

位号は本来は寺院に貢献度で決まるものでした。近年では戒名料の相場という概念ができ、お金でもらえるような状況にあり、疑問を抱く人がいる背景になっています。
 

院殿大居士(清大姉)

最上位の位号。昔なら、天皇・皇后、大名につけられたものです。
 

居士(大姉)

院殿号に次ぐ位号。もともとサンスクリット語で長者の意味を持ちます。昔は奉行や役づきの侍、その夫人につけられました。
 

信士(信女)

最も一般的な位号です。一般庶民につけられたもので、現在でも一番多いようです。
 

童士(童女)

4~14歳までの子供につけられる位号です。
 

孩児(孩女)

2~3歳までの幼児につけられる位号で、乳児は嬰児(嬰女)です。
※()内は女性の場合です。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の相場はどのくらい?
人気霊園の3大ポイント
お墓の歴史
無縁墓とは
お盆の由来を知ろう
ペットが死亡した時の対応
消費税増税前のお墓購入の落とし穴とは?
指定石材店制度とは
手元供養とは