手元供養とは

手元供養とはのアイキャッチ

手元供養とは?

手元供養とは、故人の遺骨を身近な場所に安置して偲んで供養する方法です。
遺骨の一部を小さな骨壷に入れて、仏壇などに保管するのが一般的です。ペンダントといったアクセサリーに納骨する人もいます。
手元供養を行う人は多くないですが、2000年頃から少しずつ話題になってきました。もっとも故人を身近に感じることができるのが、手元供養でしょう。世間では批判の声が強いですが、大切な人と離れたくないと考えることは残された人にとって当たり前のことです。

手元供養の懸念点は?

手元供養の懸念点は保管主が亡くなった場合、誰の記憶に残ることなく忘れられてしまうことです。供養がされなくなってしまうということです。遺骨をアクセサリー等にした場合は紛失の恐れがありますし、地震や火災といった災害が起きた際には自宅から持ち出すのが難しい場合があります。
子孫には大きな負担がかかります。何世代にも渡って手元供養が繰り返されると子孫の人は相当な数の骨壷を自宅で管理しなければなりません。
埋葬許可証をなくしてしまい、お墓に入れられないというトラブルも発生しています。埋葬許可証を再発行することも可能ではありますが、火葬した故人の名前と火葬年月日を覚えている必要があります。万が一、覚えていないとなると、再発行できないというトラブルになりかねないので、世間からも受け要られ難いということもあります。家族や周りの人物の理解を得られないことが多いです。宗教的にも教義上、骨を持ち続けることは奨励されるものではないことから手元供養を行うのは難しいです。

手元供養の仕方

手元供養に必要な書類は特にありません。
ただ、遺骨の一部を取り分けて手元供養する場合は分骨証明書が必要となります。
手元供養にはいくつかのタイプがあるため、どのタイプで手元供養するかを選ぶ必要があります。
一般的な手元供養は自宅に安置する場合です。一番多いのが骨壷に保管して供養する方法です。近年では遺骨を加工してプレートにしたり、お地蔵さまの形をした置物に遺骨を収める方法もあります。手元供養をする際には仏壇は必要ではありませんが、置き場所を考えておきましょう。
最近、増え始めたのは身につけられるようにするものでペンダントやリングに一部の遺骨を収める方法です。最近では遺骨をダイアモンドに加工して身につけられるようになっています。
以上の方法で遺骨を安置したら、故人のことを偲べば、十分な供養になります。
手元供養においては、正しい供養の仕方というものはありません。故人のことを思い、手を合わせて、毎日気にかける、話しかけることが一番の供養になることでしょう。

手元供養は、日々故人を偲ぶことができることから、今後さらに求められる葬送となるでしょう。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の相場はどのくらい?
人気霊園の3大ポイント
お墓の歴史
無縁墓とは
戒名・法名・法号の知識
お盆の由来を知ろう
ペットが死亡した時の対応
消費税増税前のお墓購入の落とし穴とは?
指定石材店制度とは