お墓の相場はどのくらい?

お墓の相場はどのくらい?のアイキャッチ

お墓の平均相場

一般墓の場合、お墓にかかる費用の全国平均は約201万円です。
お墓にかかる費用は「永代使用料」、「墓石代」、「管理料」という3つの要素から成り立っています。ご予算を立てる時や見積もり書をご覧になる際、3つを意識することで見落としを防ぐことができます。
永代使用料とは、墓石を建立する土地部分を「永代にわたり使用する権利」を取得するための費用です。永代使用料は墓地の面積や方角によって変わります。
墓石代とは、墓石と花立をはじめとした備品の価格と工事費用の総計です。墓石代は墓石の石種や使う墓石の量で価格は変わってきます。
年間管理料とは、霊園内の共用部分(参道、水道設備、駐車場など)を維持・管理するために払う費用です。

永代使用料とは?

永代使用料は、墓所を「永代にわたり使用する権利」を取得するための費用です。お墓を継ぐ人がいる限りの使用できる借地権であるといえます。お墓建立の際に一度だけ支払いが必要です。
よく誤解されがちですが、永久ではなく永代です。永代であるため、お墓を継ぐ人がいなくなったら墓所の経営者に返さなければいけません。
使用する権利であり、購入して所有する権利でない点にも注意が必要です。土地を買うわけではないので売ることはできません。墓地を使用しなくなった場合にも「使用権」を返すことになります。
どちらの場合でも最初に納めた永代使用料は一般的には戻ってきません。
永代使用料は、交通の便や周辺環境によって大きく変動します。
場所が都心に近いほど高額になり、郊外になるとお求めやすくなる傾向があります。
 

墓石の価格を決めるポイント

①石の種類

お墓に使用される石の種類は、国産の石で 50種類以上、外国産の石で 100種類以上もあります。以前では国産の石、現在では外国産の石が多く使われています。
国産の石では香川県産庵治石(あじいし)が最も高価な石として、世界的にも有名です。庵治石以外にも神奈川県産の本小松石(ほんこまついし)、愛媛県産の大島石(おおしまいし)など、全国各地で採掘されている石が50種類以上あります。
外国産の石にも、中国産、インド産、アフリカ産、ヨーロッパ産、韓国産、アメリカ産と世界各地で採れる石材が、100種類以上あります。中国産の石だけでも20~30種類はあるでしょう。
それぞれの石によって墓石の「硬さ」「給水性」を始めとした性質が異なります。
性質が異なることによって石の値段が異なっているのです。国産の石のほうが高いのではないかと思いますが、一概には言えない のが現状です。
 

②石の使用量

石の使用量が増えれば墓石の価格も高くなります。墓石の全体が大きい和型のほうが洋型よりも高くなる傾向があります。私たちが住んでいる住宅と似ていて、コンパクトな家より大きな家のほうが、値段が高くなるのと同じです。
石の種類によって使用量が大きくなるにつれて、価格が急激に高くなる場合があります。特に国産石は大きな石が採取されにくいことから、急激に高くなる傾向があります。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

人気霊園の3大ポイント
お墓の歴史
無縁墓とは
戒名・法名・法号の知識
お盆の由来を知ろう
ペットが死亡した時の対応
消費税増税前のお墓購入の落とし穴とは?
指定石材店制度とは
手元供養とは