遺産相続について

遺産相続についてのアイキャッチ

遺産相続とは

遺産相続とは、亡くなった方が残した財産を引き継ぐ手続きのことです。誰もが関わる可能性のある手続きであるといえます。遺産相続はうまくいかないと大きなトラブルになりますので、しっかりと理解しておく必要があります。
遺産相続を行う際には以下のように、相続人の調査·確定、遺言の捜索、相続財産の調査·確定、所得税の準確定申告、遺産分割協議、相続税の確定申告の流れで行います。

1 . 相続人の調査・確定

遺産相続を行ううえで、誰が遺産をもらうのかをはっきりさせる必要があります。相続の手続や届出を行う際には、相続関係を証明する全ての連続した戸籍謄本などの書類の提出が必要になります。戸籍謄本を取得する際には、一生で作られた戸籍を取得しなければなりません。相続人全員を明確にするのには、大変地道で面倒な作業になります。相続人調査が面倒であれば、弁護士に依頼することもできます。

2. 遺言の捜索

遺産は民法で誰がどのくらい相続するべきかについて定めています。
法定相続人の第一順位は子供です。法定相続人の第二順位は親です。法定相続人の第三順位は兄弟姉妹です。順位が高い相続人ほど多くの割合の遺産を相続することになります。
遺言がある場合はこの限りではありません。遺言によって、故人が遺産を渡す相手を指定することができます。遺産相続を行うさいには故人の遺言があるか否かについて調べましょう。
3. 相続財産の調査·確定
相続はプラスの資産だけでなく、マイナスの負債も含まれます。現金や預貯金、株式などの有価証券、不動産、車などの財産だけではなく、住宅ローンを含む借入金や医療費の未払金など負債も遺産といえます。
また、遺産は金銭的なものだけでなく、抽象的な権利義務も引き継がれます。
相続財産の総額がプラスになるのかマイナスになるのか把握しましょう。
マイナスであれば、相続放棄の手続きをしてください。相続の開始から3ヶ月に相続放棄の手続きを行わければ、支払いを受け継ぐことになるので注意が必要です。
プラスであれば、故人の所得税の準確定申告を行ってください。所得税の準確定申告は相続の開始から4ヶ月以内に行う必要があります。
4. 遺産分割協議
遺言が確認されなかった場合、遺産分割協議を行います。遺産分割協議とは、どの相続人がどれほどの遺産をもらうのかを決定するための手続きです。全員の合意があれば、民法で決まっている比率と違う割合で遺産を分配することもできます。
協議には相続人が全員参加しなければなりません。遺産の分配に全員が合意した場合は遺産分割協議書を作成します。協議がまとまらなかった場合には、家庭裁判所にて遺産分割調停を行う必要があります。
5.相続税の確定申告
資産を相続する際には相続税を支払う必要があります。相続税は、相続する資産の額に応じて10~55%の相続税を支払う必要があります。
すぐに支払えない場合は延納することができます。延納した場合、利子がつきますので、税金支払額は本来よりも高めになります。
 

相続するときには注意を

遺産相続をする際には複数の手続きが必要となります。手続きの理解していないことからトラブルを引き起こすこともあります。トラブルを避けるために手続きに理解をしておきましょう。
今回の記事がお役にたてましたら、幸いです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の承継について
開眼法要と納骨法要とは?
火葬までの手続き
納骨までの手続き
お墓引っ越しの手続き
墓じまいとは?
世帯主変更の手続き
お墓を買うタイミング