墓じまいとは?

墓じまいとは?のアイキャッチ

墓じまいとは?

墓じまいとは管理が難しくなったお墓から遺骨を取り出し、新しいお墓に移すことです。

墓じまいは、古いお墓の撤去することだけを指す訳ではないことに注意してください。

法律上遺骨を勝手に処分することができないためです。

古いお墓を撤去したら、必ずどこかに中の遺骨を移す必要があります。
だから、遺骨の移動を含めて墓じまいなのです。

新しい安置場所まで考える必要があるなんて、「じまい」から思い浮かべるイメージと違和感があるかと思います。
非常に紛らわしいですが、実は墓じまいという言葉は最近生まれた造語
店じまいと同じようにお墓に「じまい」を付けて使われるようになったのです。

墓じまいの流れ

墓じまいを行うためには、改葬許可証明書受入証明、埋蔵許可証明書の3つの書類が必要となります。

墓じまいに必要な書類
・改葬許可証明書
・受入証明
・埋蔵許可証明書

遺骨取り出すために必要なのは改葬許可証明書だけなのですが、改葬許可証明書取得するためには他の2つの書類が必須です。
移転先の墓地から受入証明書、古いお墓を管理する寺院から埋蔵許可証明書を発行してもらいましょう。
 

墓じまいの流れ
①受け入れ証明書の入手
②埋蔵証明書の入手
③改装許可証の入手
④墓石を撤去

墓じまいの具体的な流れは次のようになります。

①受け入れ証明書の入手

まず遺骨の移転先を探します。
遺骨の移転先を探すのが墓じまいで一番骨の折れる仕事です。

遺骨の移転先は永代供養墓を選ぶ方が多いです。
お寺が遺骨を将来的に合葬して永久に管理してくれるので、後継者に負担をかけなくて済むためです。

移転先が決まったら受入証明書を発行してもらいましょう。
   

②埋蔵証明書の入手

現在、お墓がある墓地から埋蔵証明書を発行してもらってください。

埋蔵証明書をもらう際には長年お墓を管理してきてくれた墓地、寺院への配慮を忘れないでください。
単に事務的に伝えるだけだとトラブルが生じることがあります。

寺院墓地の場合、原則として墓地の使用者は檀家です。

お墓を移すことは檀家をやめることになりますよね。
つまり、檀家でなくなるとお寺を経済的に支える人が減り、お寺の継続が難しくなります。

寺院にとってはあまり好ましくないことではあるので、しっかり話合うことは大切です。

まずは、これまでの手厚く世話をしてくださったことの感謝を伝えましょう。

感謝を伝えた上で、墓じまいの理由や目的、希望する時期など改葬について相談するという姿勢でいましょう。

時間がかかることが多いので、遠方で訪問が難しい場合などを除きできれば早い段階でお寺に出向くのが理想です。

万が一、法外な離檀料を請求されたり、埋蔵証明書を発行してくれないようなトラブルが発生した場合には、専門家など第三者に間に入ってもらいましょう。
 

③改装許可証の入手

2つの書類を入手したら、改葬許可申請書を取得してください。

古いお墓がある市区町村に受入証明書、埋蔵証明書を提出すれば、改葬許可証を発行してもらえます。
 

④墓石を撤去

閉眼供養を行い、遺骨を取り出します。

遺骨を取り出した後、墓地を所有者に返還しましょう。
つまり、墓地使用権を返還することになります。

返還するときは、墓石などを撤去し、墓地を更地に戻すのが普通です。
お墓購入した際に支払った永代使用料は返還されないことがほとんどです。

 

墓じまいとは?

現在、墓じまいが増えています。

墓じまいは手間と労力、そして金銭的な負担もがかかる大きな決断です。
それにも関わらず、増えてきている背景に無縁墓問題があります。
墓守がいなくなるといった悩みを持つ方が増えているという社会問題です。

次の世代の親類縁者には負担をかけずに、自分の代で責任を持ちたいという人を中心に墓じまいが行われるようになりました。

一般的に墓じまいをする際には、近くの永代供養墓が人気です。
後継者に自分と同じような負担をかけずにすむからでしょう。

「お墓が遠くてなかなかお墓参りにできない」「後継者がいなくて墓守について悩んでいる」という方は墓じまいを検討してみてはいかがでしょうか?

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の承継について
開眼法要と納骨法要とは?
火葬までの手続き
納骨までの手続き
お墓引っ越しの手続き
遺産相続について
世帯主変更の手続き
お墓を買うタイミング