お墓引っ越しの手続き

お墓引っ越しの手続きのアイキャッチ

お墓の引っ越し

お墓の引っ越しは、先祖代々の墓石を処分せずに移転させることを指します。お墓じまいとの違いは古い墓石を活用するか否かにあります。
お墓の引っ越しをするのは、新しく購入するよりも手間とお金がかかります。墓石の移転は新しく墓石を購入するより総費用が高いことが多いです。墓石の撤去作業費、修復費、運搬費、設置作業費がかかるためです。全ての費用を合計すると数十万円かかることになります。移動中にヒビが入ってしまうなどのトラブルも予想されるでしょう。手間とお金がかかるにも関わらずお墓の引っ越しを行うのは、お墓に思い入れがある場合が多いです。先祖代々のお墓だから処分するのは忍びないですよね。お墓の引っ越しを行いたいという人は新しい墓地の使用規定を確認する必要があります。

お墓の引っ越しで注意すべきポイント

お墓の引っ越しをする前には、新しい霊園の使用規定を確認する必要があります。
霊園によっては古い墓石の利用を認めていないところもあります。特に民間霊園では美観的な理由からお墓の引っ越しを認めていないことが多いです。古いお墓の引っ越しを認めても、台石は新しく建設しなければならない場合もあります。あらかじめ問題が起きないように古い墓石の写真を持参して、霊園管理者や石材店の方に相談しましょう。
次に今までのお墓と引っ越し先の霊園の宗旨宗派を確認しましょう。ある宗派の戒名が刻まれた墓石を他の宗派の墓地に持ち込むことは難しいでしょう。
移転先の条件を満たすのでしたら、今までのお墓のサイズを確認しておきましょう。墓石のサイズに合う広さの墓地を用意する必要があるからです。新しい墓地で依頼する石材店に、実際に墓石を見てもらいましょう。石材店の方が墓石のすべてを生かせるか、棹石だけ利用するかなどを判断してくれます。外柵については、引っ越しすることはほとんど不可能です。新しい墓地の区画に合わせてなくてはならないため、そのまま使えることはほとんどありません。

お墓の引っ越しの手続き

移転先が問題なく決まったら、書類を揃えましょう。移転先の墓地が発行する受入証明書と古いお墓を管理する寺院が発行する埋蔵許可証明書の2つの書類が必要になります。埋蔵証明書をもらう際には長年お墓を管理してきてくれた墓地、寺院への配慮を忘れないでください。単に事務的に伝えるだけだとトラブルが生じることがあります。まずは、これまでの手厚く世話をしてくださったことの感謝を伝えましょう。感謝を伝えた上で、墓じまいの理由や目的、希望する時期など改葬について相談するという姿勢でいましょう。遠方で訪問が難しい場合などを除いて、できれば早い段階でお寺に出向くのが理想です。
2つの書類を入手したら、古いお墓のある市町村から改葬許可証を発行してもらいましょう。
書類が揃ったらあとは遺骨と墓石を移転します。墓石の引っ越しをする前には御魂抜きの法要を行い、新しい霊園に引っ越しした後は開眼法要を行うのが一般的です。
以上のように手間がかかるお墓のお引っ越しですが、思いれのあるお墓を守りつづけるためにもお墓の引っ越しはしっかりと行いたいものです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の承継について
開眼法要と納骨法要とは?
火葬までの手続き
納骨までの手続き
墓じまいとは?
遺産相続について
世帯主変更の手続き
お墓を買うタイミング