開眼法要と納骨法要とは?

開眼法要と納骨法要とは?のアイキャッチ

お墓に魂を入れる開眼法要

開眼法要はお墓に魂を入れる法要です。お墓は建てただけでは、ただの「もの」に過ぎないとされています。開眼法要を修めることによって仏の魂が墓石に入り、ただの「もの」から仏塔になるのです。開眼法要をすることによって、仏が宿り亡くなった方が安住できる場所となるのです。
地方によっても呼び名が異なり、開眼供養、入魂式、魂入れ、お性根入れなどと呼ばれることもあります。

◇時期
開眼法要は、一周忌や彼岸、お盆などの仏事に合わせて行われるのが一般的です。僧侶のほかにも親族などに参列してもらいます。生前にお墓を購入した場合、何年も開眼法要をしないまま置いておくのは、あまり良くありません。開眼供養をしていない墓石には邪気が宿りやすいとされるからです。生前墓を建てた方はできるだけ早く行うのが好ましいでしょう。

◇日取りについて
民営霊園や公営霊園の場合、菩提寺のお坊さんに法要をお願いすることになります。菩提寺というのは先祖代々のお墓のあるお寺のことです。檀家になっているお寺のことでもあります。
最近、法要をお願いするお坊さんがいない方が増えています。菩提寺が遠方であるとか、長男でないので菩提寺が無いなどの理由です。法要をお願いするお坊さんがいなくて困っている際には石材店や霊園事務所に相談すれば、紹介してくれます。法要に必要な仏具の手配についても、石材店や霊園事務所で準備してくれることがあります。

納骨の時に行う納骨法要

納骨法要は納骨する際に行う法要です。葬儀後しばらくの間、遺骨は自宅で安置してから、お墓に納骨することになります。納骨法要は開眼供養と同様、お坊さんに来てもらい、お経を読んでもらうことになります。
納骨する時期は、一般的には四十九日ということが多いようです。四十九日まで納骨しないのは次の転生先を決める期間とされているからです。
最近では、四十九日にこだわることなく初七日法要や火葬後すぐに納骨する方も増えています。お盆やお彼岸、一周忌などに開眼法要と一緒に行う方も多いです。日程については、一度菩提寺や石材店に相談してから、決めた方が良いでしょう。

仏壇も開眼法要

身内が亡くなって四十九日を迎える時、これまでの白木の位牌を黒塗りの位牌にかえることが普通です。白木の位牌は急遽作った仮の位牌であり、黒塗りの位牌は正式な位牌とされています。位牌は仏壇に安置されるのが一般的のようです。
位牌のために仏壇を購入する方も多くいます。仏壇を購入した際には仏壇も開眼供養しなければなりません。仏壇の開眼法要は四十九日、百ヶ日、一周忌などの法要に合わせて行うことが多いようです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の承継について
火葬までの手続き
納骨までの手続き
お墓引っ越しの手続き
墓じまいとは?
遺産相続について
世帯主変更の手続き
お墓を買うタイミング