お墓の承継について

お墓の承継についてのアイキャッチ

承継とは

お墓を継ぐことを継承でなく「承継」と言います。民法897条によれば、お墓は慣習に従うか遺言状で指定した人が継ぐことになります。日本の慣習では長男が承継することが多いものの、女性や次男でも承継することができます。
お墓を承継する際には税金はかかりません。税金はかからないものの、年間管理費の支払い義務が生じます。年間管理費の支払いが生じるため、承継手続きは必ず行ってください。承継手続きを行わず年間管理費の引き落としがされなかったがために、先祖代々のお墓が無縁墓になることがあります。

子供がいないとお墓は建てられないの?

承継する子供がいない方でもお墓を建てることはできます。ただ、中には建てることのできない霊園もあるので、申し込みにあたっては注意が必要です。
少子化の影響もあり、子供のいない夫婦が多くなっています。現代人の状況に合わせて一定の条件付きで受け入れている霊園も増えてきました。最初に自分たちの家族構成を伝えて、申し込みができるかを確認することが大切です。

跡継ぎの心配がいらない墓地

独身やご夫婦の方でも墓地を求める際には、永代供養の契約を行うのが一般的です。永代供養は、合祀になるまでの期間の契約により以下の3つのシステムになります。
 

永代供養システム

お墓を建てた後に発生する管理料を一定期間分、まとめて納めることによって、万が一、承継者が途絶えた場合でも、墓所を残しておくことができるシステムです。墓所を残してくれることから他のシステムと比較して高めの価格になります。
 

期限付き永代供養システム

「永代供養システム」に期限が設けられているタイプのシステムです。33年間などの期限を定め、その後は墓所を整理し、ご遺骨を園内の永代供養墓、または合祀墓に埋葬するシステムです。承継者の希望により延長が可能な場合もあります。
墓所を残して置きたい期間がある程度決まっている方がよく利用します。
 

永代供養墓使用権付墓所

承継者の有無に関わらず、永代供養墓の申し込みをしておくことで、万が一、墓所の承継者が途絶えた場合に、墓所を整理しご遺骨を園内の永代供養墓に埋葬するシステムです。改葬後は、霊園や寺院の責任において永代に渡り管理・供養していただけます。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

開眼法要と納骨法要とは?
火葬までの手続き
納骨までの手続き
お墓引っ越しの手続き
墓じまいとは?
遺産相続について
世帯主変更の手続き
お墓を買うタイミング