精進落しの準備の仕方

精進落しの準備の仕方のアイキャッチ

精進落しとは

精進落としとは、葬儀でお世話になった人たちをねぎらうための会食のことです。元々は四十九日の忌明けの際に食べる料理のことを指していました。精進落としは前向きに生きていくための節目となる席といえます。
現在では初七日の法要の後に精進落としの食事をします。僧侶や友人など親しい仲だけで行われることが一般的です。会食の時間は1時間が目安となります。

精進落としの内容は

精進落としの食事内容は、比較的に華やかなメニューを出すことが多いです。ただ、お祝いごとを連想する伊勢海老やタイは避けたほうが良いでしょう。
精進落としは人数が予め決まっていることが多いので、1人ずつお膳で用意することが一般的です。故人の分も忘れずに用意しましょう。
精進落としの費用ですが。一人あたり5,000円前後が相場になります。
お店によっては精進落としに対応して用意をしてくれるところもあります。精進落としは、お店に相談して準備しましょう。
精進落としを実施しない場合は、折り詰めの料理をお渡しします。

精進落としのマナー

精進落としは遺族が僧侶を接待するものです。僧侶が上座となり、喪主や遺族は下座に座ります。席順は上座から、僧侶、会社関係者、友人、親族、遺族、喪主の順に座りましょう。
精進落としが始まったら、喪主が最初に挨拶をします。挨拶を終えたら、故人の位牌の前にお酒をお供えしたあと、出席者の杯にお酒を注ぎ、喪主の声掛けで全員いっせいに献杯をします。献杯は故人に対する敬意を表し杯をささげるものです。杯はあまり高く掲げてはいけません。
遺族にとっては疲れている時期ですが、御礼の気持ち忘れずにもてなしたいものです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓参りに適している花は
葬儀での服装に関して
喪主の挨拶はどうすればいい?例文で紹介
お墓参りの作法とは?
香典返しとは?香典返しの作法について
宗教別拝礼の仕方
お布施の相場
お墓の掃除の仕方