お墓を買うタイミング

お墓を買うタイミングのアイキャッチ

思い立ったら吉日

お墓はいつでも購入することができます。一般的に家族が亡くなった時にお墓を購入することが多いものの、墓をいつ建てたら良いという決まりはありません。
お墓購入時期に決まりがないのは仏教の考えに基づいているからです。仏教では、前世・現世・来世で物事を考えます。仏教で一番大切なのは現世です。前世でも来世でもありません。生きている人を基本にした仏教本来の考え方からです。仏教本来の考え方に基づけば、お墓をいつ建てたら良いという決まりはありません。大切なのは供養の気持ちです。
遺骨をお墓に入れなくてはいけないという法律や義務も一切ありません。お墓があるのであれば、四十九日の法要までに納骨を行いたいものです。四十九日の法要までに納骨が無理なら、遅くとも三回忌までには行いたいものです。
お墓を買うということは、費用的にも労力的にも大変なことです。最近では、生きている間に生前墓を購入する人が増えてきています。自分で納得のいくお墓を求められるのは幸せなことです。お墓や仏壇や礼拝物は相続税の対象にならないので、生前に購入することは節税対策にもなります。購入に使われたお金は生前の資産から差し引かれるので、後に残った家族の相続税の負担を減らすことができます。不動産取得税・固定資産税などもお墓に関してはかからないので、税金の心配をしないですむのです。

寿陵の話

生きている間に立てたお墓を寿陵、あるいは生前墓と呼びます。見たことのある人も多いと思いますが、朱で戒名が刻まれているお墓が寿陵です。民間の霊園では最近、申込者の半数が生前にお墓を求めている場合もあります。縁起がよく、子供の負担の軽減ができ、自分好みに選べるからです。
古来中国では、生前にお墓を建てることは長寿を授かる縁起の良いこととされていました。古書にも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」などと書かれています。長寿以外にも、子孫繁栄や家族円満の果報を招くと言われています。
最近では、縁起のためだけでなく、子供に負担をかけたくない、または自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選べることから、寿陵を建てる人が増えています。現在、新しくお墓を建てる人の半数以上は生きている間にお墓を立てています。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の承継について
開眼法要と納骨法要とは?
火葬までの手続き
納骨までの手続き
お墓引っ越しの手続き
墓じまいとは?
遺産相続について
世帯主変更の手続き