お布施の相場

お布施の相場のアイキャッチ

お布施とは?

お布施とは、僧侶への謝礼としてお金や品物を渡すことを指します。
もともとは、財施という仏教の修行の一つでした。人に施しするのは徳の高いこととされてきました。徳の高い行動を日々実践することで、煩悩が消えて悟りの世界に到達できるとお釈迦様が説きました。
現在では、僧侶への謝礼としてお布施が渡されます。ただ、お布施は給料のように労働の対価としてあげるものではありません。お布施は御本尊に捧げるもので、寄付であるといえます。
状況に応じてお布施と同時に渡す金品としてお車料、御膳料があります。お車料は交通費のことです。僧侶が出向して自宅などで法要していただいた際に渡します。御膳料は食事代のことです。僧侶が法要後の食事に参加しない場合に渡します。

お布施の金額

お布施は決まった金額というのはありません。気持ちでお渡しするものであるからです。そもそも布施というのは、「布を施す」ということが語源です。昔、とある貧しい人が説法に感動して僧侶に使い古した布を渡しました。お布施はできる範囲で渡せば大丈夫です。ただ、気持ちやできる範囲といっても失礼にならないためにも目安が知りたい人もいるのではないでしょうか。以下の表が全国的な目安になります。

   
通夜~初七日まで 200,000円~500,000円
告別式、火葬式、初七日の合計 150,000円~250,000円
火葬式 50,000円~150,000円
初七~四十九日法要 30,000円~50,000円
百か日法要 30,000円~50,000円
一周忌法要 30,000円~50,000円
三回忌以降の法要 10,000円~50,000円
初盆 30,000円~50,000円
毎年のお盆           5,000円~10,000円
お彼岸 5,000円~10,000円
祥月命日 5,000円~10,000円
月参り 3,000円~10,000円
納骨式 10,000円~50,000円
お墓の改葬 10,000円~50,000円
墓じまい 10,000円~50,000円
位牌処分の供養 10,000円~50,000円
お車代 5,000円~10,000円
御膳料 5,000円~10,000円

上記の表の値段の幅があるのは宗派・地域によって異なるためです。より詳しく知りたい方は僧侶に周囲の人がいくらぐらい包んでいるのかを聞いてみるのも一つの手です。

お布施の渡し方

お布施を渡す時には白封筒に入れてください。水引は必要ありません。表書きもなくても大丈夫です。表書きを書く場合は「お布施」と黒墨で書いてください。中袋の裏面の左側には住所・氏名を、右側には金額を記入しましょう。
お布施は、葬儀や法事の前後に挨拶する際に渡してください。渡す際は直接ではなく、お盆に乗せる形が好ましいでしょう。
安心感を与えてくれた僧侶のかたに心をこめてお布施をお渡ししたいものです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓参りに適している花は
葬儀での服装に関して
喪主の挨拶はどうすればいい?例文で紹介
お墓参りの作法とは?
香典返しとは?香典返しの作法について
宗教別拝礼の仕方
精進落しとは?どんな準備が必要?
お墓の掃除の仕方