香典返しとは?香典返しの作法について

香典返しとは?香典返しの作法についてのアイキャッチ

香典返しとは?

香典返しは、葬儀の特に参列者から出された香典へのお礼です。
香典とは、花やお香の代わりに故人の冥福を祈るために供えるものです。本来の香典返しでは忌明けの挨拶状に感謝の意を記せば良いとされています。ただ、現在では香典に対してお返しの品物を送ることが一般的になっています。挨拶状とともに喪主から送りましょう。仏教だけでなく、キリスト教や神式でも行われます。あくまで日本の慣習だからです。

香典返しの時期

仏教式では、四十九日忌法要がすんだ忌明けに、香典返しの品とあいさつ状を送ることが多いようです。神式では、五十日祭の後に送ります。キリスト教式では、1ヵ月目の命日に送ります。最近は忌明けの煩雑さを避けるために、葬儀当日に一律の品物を返すこともあります。葬儀当日の香典返しは当日返しや即日返しと呼ばれます。

香典返しの中身は何がいい?

日本全国の香典返しの費用は72万円です。香典返しの品物について、最近は好きなものを選べるカタログギフトが主流です。金券は抵抗を持っている人も多いので避けたほうが無難でしょう。かつては、のりやお茶、お菓子などのような消耗品が一般的でした。不幸を後まで残さないという縁起を担いでいたからです。
香典返しの金額は、頂いた香典の金額の半分程度の金額が目安です。即日返しの場合は、金額に関係なく3,000円~5,000円の品にすることが多いです。ただ、いただいた香典の額が2万円以上の場合には、四十九日法要後にいただいた香典の半額程度の品を用意して贈りましょう。香典を辞退したにも関わらず送られてきた場合は、同額程度のお返しの品とともにお礼状を贈るとよいでしょう。

香典返しの文面

香典返しを送る前には、あらかじめ送り先の一覧をつくりましょう。香典返しのヌケモレを防ぐためです。一覧を作る際には葬儀の参列者が記帳した芳名帳を使って宛名や住所を確認します。
香典返しを送る際には、品物と一緒に香典のお礼とともに、四十九日忌を終えたことを報告する挨拶状を添えて送ります。挨拶状の文面には、会葬のお礼、納骨を終えた旨を報告して、香典返しを送った旨も伝えます。
以下が挨拶状の文面として考えられます。

拝啓 
先般(続柄)(故人の俗名)儀 永眠に際しましては
ご鄭重なるご厚志を賜り厚く御礼を申し上げます
お陰をもちまして△月◇日に四十九日忌法要を相営みました
つきましては供養のしるしまでに心ばかりの品をお届けいたします
何卒お納めくださいますようお願い申し上げます
早速拝趨の上お礼申し上げるべきところ 略儀ながら書中をもちまして謹んでごあいさつ申し上げます
敬具
平成◇◇年◇月◇日
(住所)・(喪主名)

挨拶状では、季節の挨拶や句読点を使わないことに注意してください。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓参りに適している花は
葬儀での服装に関して
喪主の挨拶はどうすればいい?例文で紹介
お墓参りの作法とは?
宗教別拝礼の仕方
お布施の相場
精進落しとは?どんな準備が必要?
お墓の掃除の仕方