葬儀での服装に関して

葬儀での服装に関してのアイキャッチ

喪服とは?

葬儀の際には喪服が着用されます。喪服は、故人に対して礼を尽くす意味で着用するものです。葬儀が小規模であっても、喪服を着るのがマナーとなります。この記事では、具体的な喪服のマナーについて述べていきます。

男性の喪服は?

通夜、葬儀・告別式を通して、準礼装であるブラックスーツにすることが多いです。ダブルでもシングルでも構いません。喪主以外であれば、濃紺や濃いグレーのダークスーツを着用することもあります。式の間はジャケットを着用してください。
ワイシャツは白無地のものがマナーです。開襟シャツやカラーシャツ、織り模様のシャツはやめましょう。暑い時期の葬儀では、半袖でも構いません。ただ、長袖のほうが望ましいです。
カフスボタンは控えるのが原則です。カフスボタンをつけるのであれば、黒オニキスか黒曜石と黒い原石にするとよいでしょう。
ネクタイは黒無地で光沢のない結び下げのものにしてください。ネクタイピンはつけないことに注意してください。
靴はシンプルなデザインの黒い革靴がよいでしょう。靴下も黒無地のものを着用してください。白や派手な色の靴下はマナー違反です。

女性の喪服は?

女性の喪服は、黒のワンピースかアンサンブル、ツーピースが多いです。黒のブラウスとスカートでも構いません。原則として、全身を黒で統一し、肌の露出を避けてください。
ブラックフォーマルは、衿元が詰まったものでなければなりません。夏は薄手のジャケットや袖のあるブラウスなどと組み合わせましょう。袖は長袖が原則ですが、夏は七部袖でも構いません。レースに関しては、ふち取りなどごく控えめに入っている程度なら大丈夫です。刺しゅうも華美に見えないデザインならかまいません。
スカートの丈は、ひざ下からふくらはぎ程度にしましょう。一般的に短めよりは長いほうが上品に見えます。ストッキングは黒か肌色のものが適切です。タイツはカジュアルな印象を与えるのでやめましょう。
靴は布製の黒のパンプスが最も適しています。飾りのない黒のパンプスでも問題ありません。ヒールは低めにしましょう。金具がついている靴、光沢のある靴、ブーツは不適切です。
髪型が長く、焼香の邪魔になる場合は、顔にかからないように黒のピンなどで髪まとめます。バレッタ、クリップなどを使う場合には、地味な色で装飾のないものにしましょう。メイクは、ナチュラルメイクが基本です。メイクが濃くならないように注意してください。ネイル、香水も避けましょう。

喪服のアクセサリーは?

アクセサリーは、結婚指輪以外つけないのが基本です。ハンカチも白や黒のものを用意します。
コートなどを着用する場合は、葬儀会場内に入る前に脱ぐようにしましょう。色やデザインも地味なものを選ぶようにします。ただ、毛皮や革製のものは避けてください。殺生を連想させるためです。マフラーや手袋などの防寒具についても、毛皮や革製のものは避けてください。
バックは黒で、装飾が地味なものがよいでしょう。ショルダーバッグは避けてください。会社帰りでやむを得ずショルダ―バックで参列する場合は、肩にかけず手で持つようにしましょう。

遺族に配慮した服装を

喪服には細やかなマナーがあります。葬儀の形式・規模で服装のマナーは変わりますが、喪主や遺族の気持ちに寄り添った服装であることが原則です。
喪主や遺族の気持ちに寄り添う姿勢を示すうえで、マナーにのっとた服装をしたいものです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓参りに適している花は
喪主の挨拶はどうすればいい?例文で紹介
お墓参りの作法とは?
香典返しとは?香典返しの作法について
宗教別拝礼の仕方
お布施の相場
精進落しとは?どんな準備が必要?
お墓の掃除の仕方