納骨堂とは

納骨堂とはのアイキャッチ

納骨堂とは

納骨堂は遺骨を収蔵する施設のことです。
住まいで例えると、一般墓は土地付き一戸建て、納骨堂は分譲マンションのようなものです。

法律上は一般墓と同じ扱いです。一般墓との違いは遺骨を土に埋めないことです。

現在の納骨堂は家族だけの遺骨を収蔵する個別型の納骨堂が主流です。

納骨堂は、跡継ぎを必要としない場合がほとんどです。
使用期間が経過した後、永代にわたって遺骨は管理されます。

近年ではビル型の納骨堂が都市部で増加してます。ICカードで気軽にお参りができる街中にある、お墓のような日頃の手入れがいらないという理由から、人気を集めています。

値段も50万円~150万円のものがほとんどで、一般墓よりもお求めやすい価格になっています。
 


 

納骨堂のタイプ

納骨堂と一言と行っても、ロッカー式仏壇式自動搬送式棚式といったタイプに分かれています。

ロッカー式

同じ大きさのロッカー型の個別納骨スペースが並んでいるタイプの納骨堂です。
最も一般的なタイプの納骨堂です。納骨堂のなかでも比較的お求めやすい価格です。
近年ではデザインや種類が多彩にあります。 参拝者は契約しているロッカーの前でお墓参りができます。  

自動搬送式

収蔵庫にある遺骨を機械で参拝所まで運んでくるタイプの納骨堂です。
カードキーをかざすと、骨壷が礼拝スペースに降りてきます。
値段は仏壇式とロッカー式の中間ぐらいです。
ビル型であることが多く、遺骨の立体駐車場に例えられることが多いです。
場所を一番とらないことから、土地不足が深刻な都市部で増えています。
 

仏壇式

仏壇が並んだようなタイプの納骨堂です。
寺院が運営する納骨堂で主流となっています。
下段に遺骨を納めることができます。上段は仏壇になっていて位牌を安置できます。仏壇があることから記念品や写真などを納めることができることが魅力です。
納骨堂タイプの中では価格相場が一番高いですが、仏壇の費用をあわせて考えた際にはロッカー式と同じ少し安い価格設定になっています。

 
 

納骨堂のお墓参りの作法

納骨堂のお墓参りは一般的なお墓参りと少し異なります。違和感を覚える人もいるので、お求めになる前にしっかりと確認しましょう。

服装に関しては自由なので派手すぎないものであればかまいません。
異なってくるのはお供え物のルールです。また、遺骨の収蔵庫へ立ち入ることを禁止している納骨堂も少なくありません。
 

仏壇式・ロッカー式の場合

ほとんどの納骨堂では、水や花、線香などを供えて拝むことはできないです。
個別の遺骨の前でなく、共同の参拝所で花や線香を供える決まりの納骨堂がほとんどです。

また、土足厳禁な場所が多いので、素足であるくことが気になる人はスリッパを持参するようにしましょう。
 

自動搬送式の場合

自動搬送式の納骨堂はコンピュータシステムで遺骨を管理しているので、直接個々の遺骨にお参りできます
祭壇で登録カードをかざすと、遺骨が自動で収蔵庫から祭壇まで運ばれてくるという仕組みです。
比較的、一般墓と変わらない従来のお墓参りができることが特徴です。

中には、遠くてお参りできない人向けにインターネットでお墓参りできるサービスを提供している納骨堂もあります。


納骨堂を求めるか決める際にはお墓参りの仕方が自分や家族に抵抗感がないか判断してから決めましょう。
 

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは