樹木葬とは

樹木葬とはのアイキャッチ

樹木葬とは?

樹木葬とは、墓石の代わりに花や木などの植物をシンボルとするお墓です。
自然に配慮した新しいお墓です。

樹木葬の大半は、木々が生い茂る美しい自然に囲まれた場所で行われます。
樹木葬は、遺骨の納め方で2つのタイプがあります。

一つは公園型です。
シンボルとなる木がある広いスペースの地下の埋蔵施設に遺骨を合祀 します。

もう一つは里山型です。
1人につき1本の植樹を行い、遺骨は個別に土中に埋めます。自然と一体化させるのが樹木葬の原形でしたが、墓地・霊園内に個別スペースを設ける方式もあります。

どちらのタイプでもただただ木々が立ち並ぶ光景は自然と共存したお墓といえます。
 


 

樹木葬の歴史

樹木葬は1999年に岩手県一関市で始まりました。
臨済宗大慈山祥雲寺が荒廃した里山を買い取って樹木葬を始めた のが最初と言われています。

樹木葬は、美しい里山を残すという目的で始められました。

背景は、お墓による環境破壊
当時、霊園開発が盛んで、森林伐採が行われていいました。
環境問題注目を浴びるなか、自然を壊してまでお墓を造るべきなのか疑問視されます。

そこで考え出された解決策が、お墓と自然が共存できる樹木葬。

樹木葬は、墓石の代わりに樹木をシンボルとします。
お墓を建てるわけではありません。つまり、土地をならしたり、木々を伐採したりする必要がなかったのです。

1999年、祥雲寺が地域住民の了承と行政の許可をとって、近くの里山を日本で初めて樹木葬墓地として開発しました。
山全体に墓石はなく、代わりに山ツツジ、ドウダンツツジなどの低木を植えました。

祥雲寺で最初の樹木葬は、テレビや新聞で新しいお墓として取り上げられます。
メディアに取り上げられたことで一気に認知度があがり、反響は想像以上のものでした。
全国から樹木葬を希望する問い合わせがあったのです。

現在では全国的に樹木葬の霊園をよく見かけるようになりました。

ただ、祥雲寺のように自然に還る樹木葬を運営しているところは少ないです。多くの霊園では開発された土地に樹木葬墓地を設けています。

自然に還る樹木葬でないものの、樹木葬自体は土地不足が深刻な都市部では人気が非常に高いです。
2014年度の東京都立小平霊園の樹林墓地の倍率は10.6倍と高倍率でした。
 


 

宗教と承継者を必要としない樹木葬

樹木葬では宗教と承継者を問いません
さまざまな信仰をもつ故人に対応する樹木葬の特有の寛容さを示す特徴です。

樹木葬が行われる霊園には、色んな宗教の人たちが行き来します。
ある樹木葬の墓地では仏教式の供養の後に、キリスト教式の黙とうが捧げられています。
日本には仏教、神道、キリスト教と色んな宗教が混在しますが、樹木葬では細やかな対応を行えます。

一般的に樹木葬は永代供養墓で跡継ぎを必要としません。人工物を墓標として設置しないため、時間の経過とともに自然へと還るからです。

自然に還るとはいえ、放置されてしまうということはありません。
なぜなら、多くの寺や業者は、決まった日に法要をしてくれるからです。
樹木葬墓地に関しては契約者が事前に支払った環境管理費で樹木葬の墓地全体の管理を行います。

昨今では、グローバル化や核家族化など、さまざまな事情を持つ人がいます。多様な現代の人々にとって、宗教を問わず、跡継ぎが不要という特徴を持つ樹木葬は、新しいお墓として受け入れらています。

今後も、樹木葬が一般の認知を得て、利用者が増えていくでしょう。
 


 

樹木葬の供養方法

樹木葬の供養は、樹木に向かって手を合わせて供養することが基本です。

原則的に線香をあげることが禁止されています。
火災が起こる危険性があるためです。

線香の代わりにお酒やジュースなど、故人が好きだった飲み物を注ぐことが多いです。

然保護がお墓の供養であるともいえます。樹木葬は自然をそのままに維持することを基本理念としています。
樹木葬においては、温かい太陽も、冷たい雨も、枯れ葉が土に積もることも、受け入れることが供養となるということです。

樹木葬の霊園は、見晴らしがよく、散歩に適した場所である場合が多いです。関係者でなくても、自然を楽しみに霊園に散歩しにくる人もいます。
自然に還る樹木葬は多くの人に供養されているとも考えられるでしょう。
 


 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは