永代供養墓とは

永代供養墓とはのアイキャッチ

永代供養墓とは?

永代供養墓とは、寺院などが家族の代わりに供養や管理をしてくれるお墓です。

半永久的に供養してくれるため、無縁仏になる心配がありません。

永代供養墓は永代に供養してくれるお墓を指すので納骨方法は様々です。
お墓式、ロッカー式、仏壇式、棚式などのスタイルがあります。

一般墓はお墓を引き継ぐ人がいなければ購入することができません。

一方で、永代供養墓は寺院が管理することからお墓を引き継ぐ必要もありません。
少子化や核家族化といった現代社会の状況に適した、新しいお墓であるといえます。

実際に身寄りのないシングル層が主に永代供養墓を選択しています。
子孫に苦労をかけずに故人を偲ぶ場所としてお墓がほしい人向けの解決策が永代供養墓といえます。
 


 

永代供養墓の特徴

永代供養墓の最大の特徴は、身内や子供に苦労がかからないという点につきます。
お墓を引き継がないことを前提としているからです。

更に永代供養墓は無縁墓になることがありません。
お墓の管理や供養、維持などをお寺が行ってくれます。

契約期間が過ぎた場合は合祀墓に移転され、合同供養されるので安心です。
お墓が放置され、周りに迷惑をかけることもありません。

また、永代供養墓は生きている間に契約することもできます。
場合によっては、生きている間に管理料の支払いが必要なことがありますが、亡くなった後は管理用が発生しないことがほとんどです。

子供に墓選びの負担をかけなくてすむよう、生きているうちに永代供養墓を購入する人が増えてきています。

永代供養墓は国籍や宗教を問わず、檀家にならなくていい場合がほとんどです。
供養は寺院の宗派にのっとって行われますが、誰にも利用できることも特徴といえます。
 


 

永代供養墓のタイプ

永代供養墓は遺骨の安置方法によって分類されることが多いです。
個別安置型、集合型、合祀型3つの種類があります。
 

個別安置型
個別安置型は遺骨を個別の場所に安置する種類の永代供養墓です。
住まいに例えるとマンションのような安置方法といえます。
個別安置型は永代供養墓の中でも最も多くの人が利用しています。
不特定多数の人と同じ場所に安置されることに違和感を覚える人が多いためです。

集合型
集合型は骨壷を他人と共通の棚や安置場所に置く永代供養墓です。
住まいに例えるとシェアハウスのような安置方法といえます。
個別安置型より求めやすい価格です。
赤の他人の一緒に埋蔵されることを感情的に受け付けないものの、お金をあまりかけたくない人に向いている永代供養墓です。

合祀型
合祀型は遺骨をお墓の下に散骨する永代供養墓です。
住まいに例えるとのようなものです。

一度埋葬してしまった場合は分骨や改葬することができないので注意してください。
遺骨が他の人のものと区別がつかないためです。
墓参り自体はできますが、個別の墓にお参りができないことがデメリットといえるでしょう。

 
 

永代供養墓を選ぶ際のポイント

永代供養墓を選ぶ際には経営が安定しているかを確認しましょう。

投資金額を回収できずに倒産してしまう法人もあります。

墓地管理者が倒産してしまった場合には、他の法人によって管理されます。

お墓自体はそのままです。

ただ、倒産した場合、供養がされなくなることがあるという問題が発生します。
法人とお寺との関係が変わるからです。

永代供養料も返されることはありません。

一般的に安定している経営形態順に公営、寺院、民営墓地であるといえます。

公営墓地は自治体が管理しているので、財政破綻しない限り永代供養されます。
絶対ではないものの安心といえます。

次に安定しているのが寺院墓地です。
長い歴史のお墓を管理してきた実績があるためです。ただ、檀家離れが発生している現代は、寺院にとって難しい時代であるといえます。

民営の場合はお墓の数で判断しましょう。
 


 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは