寺院墓地とお布施と戒名

寺院墓地とお布施と戒名のアイキャッチ

お布施とは

お布施とはお寺の行事や法要の際に支払う費用のことです。もともとのお布施は、自分の持つ知識や財物を、人に分け与えるという仏教修行のひとつでした。現在では物質的な「財施」が残り、檀家が属するお寺へ差し出す金品のことを指すようになりました。
寺院墓地では、本堂でお経を上げてもらったときや法要をあげてもらったときにお寺や住職にお金や品物を渡します。合同の法要の際のお布施の相場は3,000円から10,000円です。自分たちの家のために行うお通夜や葬儀、1回忌の際のお布施は法要の際の10倍以上と高めになります。
お布施の他にも、施設の修理や増設なおで、寄付金の形で求められることもあります。寄付の場合には一口いくらと最低限の額が決められています。支払う義務はないもののお寺との関係を維持するために寄付に応じる場合が多いのが実情です。

戒名とは

戒名とはあの世での個人の名前のことです。戒名は宗派によって呼び名が違います。天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗などでは「戒名」、浄土真宗では「法名」日蓮宗では「法号」と言います。キリスト教でいえば「クリスチャンネーム」です。
もともとは修行した僧が仏弟子として、もらう名前でした。現在は、お寺に謝礼を払ってつけてもらいます。金額は数万円から何百万円以上まで。宗教やお寺の格式、地方か都市部かによってもかわるようです。元来、お金でやり取りされるものでもなく、金額の不明瞭さから批判の声も少なくありません。
 

戒名がないとお墓に入れない?

寺院墓地では、原則的に戒名がないと入れてもらえません。戒名がない、仏弟子ではない人には法要もあげられない場合もあります。戒名の有無だけでなく、戒名の宗派にも注意してください。戒名は法要を行う、お墓のある寺院の宗派のものでないとダメです。よくわからずにお葬式のときに真言宗で戒名を付けてもらったけれど、その後お墓を買ったお寺は日蓮宗だったからお墓に入れないというトラブルが発生します。宗派が違う戒名をつけてしまた場合には、新たにお金を払ってつけなおさければなりません。
田舎のお墓を移すといった場合も、行き先が寺院墓地であれば宗派の確認が必要になります。夫婦で宗派が違う場合は、同じ寺院墓地に入ることは難しくなります。住職に相談して許可が出なければ、宗旨宗派を問わない公営か、民間墓地で探すことになります。宗旨宗派を問わない墓地であれば、「戒名」はつけなくてもお墓に入ることができます。
戒名をつける際には宗派にも十分に注意しましょう。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは