公営墓地の求め方

公営墓地の求め方のアイキャッチ

公営墓地の申し込み方

公営墓地昨今求めにくい状態が続いています

公営墓地宗教制限がまったくなく、面積あたりの永代使用料が比較的求めやすいことで多くの人が希望しているからです。公営墓地は年に一回募集が行われます。

募集に対する申込者が多く、購入者の抽選が行われ、競争率が非常に高い状況にあります。
当選した場合でも希望の場所を指定できないため、木陰やトイレ付近の区画が割り当てられる場合もあるので注意が必要です。

都立霊園では、毎年7月中旬ごろに募集があります。募集される面積や数は毎年異なります。
墓地の返還や継承者の不在による撤去で、空いた区画が募集されているためです。

都立霊園を始め、公営墓地では申込にあたり所定の条件を満たしていることが必要です。所定の条件さえ満たしていれば、誰でも申し込むことができます。

主な申し込み資格

都立の公営霊園の申込資格
・遺骨はまだ埋葬したことがないか、守っている遺骨がある
・申し込み遺骨からみて、親族(血族6親等・配偶者・姻族3親等内)である
・申し込み遺骨の祭祀(葬儀など)の主催者であること
・申込者が都内に3〜5年以上居住※八柱霊園のみ松戸市の居住でも可

申し込み資格を満たしている方は、7月上旬に各市区町村役場や霊園の窓口から申込書を入手して申込所に提出すれば申し込み完了です。
なお、お電話で申し込むことはできません

申し込む際には、1人につき1通1箇所限りの申し込みであることに注意してください。
複数申し込むと無効になってしまいます。

当選すると審査のため、申し込み条件を満たすことの証明書類が必要です。

当選後の注意

公営墓地は当選すれば安心というわけではありません。
当選後でも次のような場合、取り消されてしまうので注意が必要してください。
 

・許可を受けた日から3年を経過して申し込み遺骨を埋蔵・収蔵しないとき
・管理料を5年間収めないとき

使用上の制限としては「墓碑を設置する場合は1箇所に1墓堰」「原則として使用者(名義人)の家名を刻字」などがあります。

特に「使用者の家名」であることに注意が必要です。
一人娘が嫁いでから実家の両親の墓を継ぐ場合、実家の家名を刻めないことになります。

嫁ぎ先の姓になっているからです。 公営墓地は宗教の制限がないものの、使用上の制限があることを考慮した上で申し込みの検討をしてください。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
霊園の種類
お墓選びのポイント
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは