霊園の種類

霊園の種類のアイキャッチ

民営霊園とは?

民営霊園は財団法人や社団法人が運営している霊園や民間が宗教法人から運営の委託を受けている霊園を指します。
 

民営霊園のメリット
・制限がすくないこと
・施設が充実していること

民営霊園のデメリット
・安心感が公営墓地と比較してない。
・面積あたりの価格が割高

 

民営霊園のメリット

民営霊園のメリット①:
制限が少ない

最大のメリットは、制限が少ないことです

まず、寺院墓地と異なり、宗教を問わずにどなたでも申し込むことができます。

公営寺院と異なり、遺骨の有無などの資格制限がありません。
ですので、生前にお墓を建てることもできます。

また、墓地によってはお墓のデザインや大きさなどを自由に選べる場合もあります。亡くなった家族の個性を出すようなお墓を作ることもできるのが民営霊園の一つの特徴といえるでしょう。
 

民営霊園のメリット②:
施設が充実

また、民営霊園は設備が充実しています。

駐車場休憩室、管理人常駐の管理棟はほとんどの霊園で完備しています。霊園によっては法要施設も準備されており、仏事の際に場所の心配をする必要が全くないとサービスが充実。

また近年できた霊園であれば、ほとんどがバリアフリー設計に対応しています。どなたでも安心して利用できるのが特徴です。
 

民営霊園のデメリット

民営霊園のデメリット①:
面積あたりの価格が高い

公営墓地に比べると、面積に対する永代使用料や管理費などは多少割高です。

ただ、近年は民営霊園のお墓の面積を小さくすることで価格を抑えている傾向にあります
結果的に公営霊園よりも安く済むことがほとんどです

そのため、このデメリットはほとんど存在していないといってもいいでしょう。

とはいえ、条例によって駐車場の台数によって販売可能な区画に制限がある(区画の◯%以上は駐車場の台数を確保する必要がある)ので、すぐに完売してしまいます。

購入を考慮しているのであれば、念の為に仮押さえをしておきましょう。
 

民営墓地のデメリット②:
安心感が公営墓地と比べて弱い

民営墓地は法人が運営する分、経営難におちいることがあります。

実際に、1969年にオープンした「横浜霊園」は倒産した墓地になります。かつて運営をしていた日本霊園という法人が、バブル期のゴルフ場開発に失敗した結果、経営が悪化して1999年に財団法人としての設立許可を国から取り消されるという実例があります。

とはいえ、横浜霊園今でもお盆やお彼岸のシーズンは毎年多くのお墓参りに来た人々でにぎわっています。
管理料が定期的に振り込まれるので、それを元でに現状維持を行っているからです。
支えてくれる子孫がいれば、お墓自体はなくなることなく機能するといえるでしょう。

逆をいえば、管理料があからさまに安い民営墓地は現状維持ですら大変になります。民営霊園を購入する時はその時の安さだけでなく、継続性もしっかりと考慮しましょう。
 
 

公営墓地とは?

公営墓地は、都道府県、市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地です。
申し込みや問い合わせは、各都道府県や市町村役場になります。

>>>公営霊園の申込方法に関してはコチラをタップ
 

公営霊園のメリット
・圧倒的な安心感。
・宗教が自由。

公営霊園のデメリット
・申込の制限が多い。
・ほぼ抽選必須で必ずしも購入できるとは限らない。
・アクセスが不便なことが多い。

公営霊園のメリット

公営霊園のメリット①:
圧倒的な安心感

公営霊園は、地方自治体が管理をしています。そのため、自治体が崩壊しない限り、霊園は存続するでしょう。
しかも、公共であることから、面積あたりの永代使用料や管理費が安く抑えられています。

民営霊園や寺院霊園にはない安心感が最大の特徴です。
 

公営霊園のメリット②:
宗教が自由

自治体が管理していますから、宗教による申し込みの制限など宗教的な制約は一切ありません。
 

公営霊園のデメリット

公営霊園のデメリット①:
申込の制限が多い

公営霊園は宗教的な制約はないものの契約に関してはいろいろと条件がつきます。

よく見かける条件は「現住所がその自治体にある」、「お墓の継承者がいる」、「遺骨がある」です。
公営墓地の最大の欠点は購入自体が困難であることです。募集は随時行っているわけではありません。
 

公営霊園のデメリット②:
抽選が必須で購入が困難

募集があっても大抵は希望者が多いために抽選制で、高い場合には60倍以上、低くても10倍以上の倍率になります。
購入困難である他に交通不便であることがもう一つの欠点です。
 

公営霊園のデメリット③:
アクセスが不便なことが多い


公営墓地は大規模開発のところが多く、立地の面で不便な場所も少なくありません。
申し込みにあたっては十分な検討が必要です。

 公営霊園を検索する

 

寺院霊園とは?

寺院霊園とは、寺院の境内にある霊園を指します。
ほとんどの場合で、その寺院が管理しています。

寺院墓地を買うということは、管理している寺院の檀家になることが前提である場合がほとんどです。
法要を受けたり供養したりしてもらう代わりに、檀家は経済的にお寺を支える役割を持ちます。

公営や民営と異なり、お参りの際の挨拶や各種仏教行事への参加を通じて、寺院との関係は密接になります。
必ず管理している寺院の住職の人柄に注視して、長く信頼してお付き合いできるか考慮に入れる必要があります。
 

寺院霊園のメリット
・手厚く供養してもらえる
・駅から近いことが多い

寺院霊園のデメリット
・宗教の成約が多い。
・檀家になる必要がある。

寺院霊園のメリット①:
手厚く供養してもらえる

寺院墓地の最大の利点は手厚く供養していただけるという点です。
お墓が境内にあるので法要を本堂で行えます。法要以外でも、頼めばいつでも僧侶が読経して供養してくれます。
 

寺院霊園のメリット②:
駅から近いことが多い

寺院霊園は小規模であることから地域密着がたの霊園であることが多いです。そのため、駅から15分以内と徒歩圏内にあることが多いです。
 

寺院霊園のデメリット

寺院霊園のデメリット①:
宗教的な制約が多い

寺院霊園を利用するには、檀家になる必要があり、この場合のほとんどで仏教を信仰することになります。
更には仏教のなかでも様々な宗旨宗派に分かれています。

もちろん、寺院のなかには比較的寛容な住職もおり、在来仏教であれば大丈夫であったり、なかには宗教不問であったりする場合があります。
 

 寺院霊園のデメリット②:
檀家になる必要がある

寺院墓地を利用するためには檀家になる必要があります。
そのため、購入したいと思ったらすぐに購入できるわけではありません。

まずは住職さんと面談をして、檀家として受け入れてもらえるかを相談する必要があるのです。

また、現在のお墓のトラブルが多いのが檀家です。とはいえ、悪質な寺院はほとんどないのでその点は安心してください。
 

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓タイプを知る
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは