お墓タイプを知る

お墓タイプを知るのアイキャッチ

一般墓とは

一般墓は日本で最も多い伝統的な形状のお墓です。要はお墓のイメージそのままの、普通のお墓です。

家族や親戚など「家」単位で利用し、代々引き継いでいくことができます。
埋葬することのできる人数の定めがなく、管理費の支払いを行っていれば永続的に使い続けることができる形のお墓です。

一般墓は割り当てられた区画内を自由に使うことができるという特徴もあります。既存の形にとらわれず、自分の好みを重視したお墓を持つことができるという点が他のタイプとの違いです。
 


 

納骨堂とは

納骨堂は、遺骨を収蔵する屋内型施設のことです。一般墓は一戸建てのようなものだとすると、納骨堂はマンションと例えられます。

遺骨を土に埋めないことが特徴といえます。

現在の納骨堂は親族だけの遺骨を収蔵する個別型が主流となっています。

また、昨今の購入者は永代にわたって使用する契約を結ぶケースが増えてきております。
スペースは2~4個分の骨壺が入る程度のものが多く、夫婦や二世代だけのものとされることが大半です。

また、納骨堂は墓石を立てる費用がかからないため安価でご利用いただける点も魅力です。

法律上、納骨堂は一般墓と同じ扱いで、感覚としては一般墓の屋内版と言えるでしょう。
 


 

樹木葬とは

樹木葬は墓石の代わりに樹木をシンボルとするお墓です。

桜や紅葉、ハナミズキなどのシンボルツリーの周りに遺骨が埋葬されます。

樹木葬は様々なスタイルを持つことという特徴もあります。
樹木ではなく草花や芝生で彩られたガーデン風の樹木葬もあります。

樹木葬では、基本的に後継ぎを必要とせずに永代供養されます。自分の子供に面倒をかけたくないという要望に応えられることから、近年徐々に利用されるようになってきています。
「跡継ぎがいない」「お墓を建てても墓守をする人がいない」というような方々も樹木葬を選ばれています。
 


 

海洋散骨とは

日本ではお墓に納めるが一般的ですが、遺骨を自然に還す「散骨葬」という方法があります。
中でも、遺骨をお墓へ納めず、海へ撒く海洋散骨が増加しています。

山中や野山など陸地の場合は、国の許可がおりた場所のみ散骨できます。
一方で海洋散骨の場合は厳密な指定がなく、節度を持ったルールのもとに散骨が行われます。

具体的には陸地から一定の距離が保たれている等の条件を満たせば散骨することが可能なのです。

お墓を維持・購入することを選択しない場合に、大自然の一部として命あるものの最も自然な還り方として人気を得ている方法です。ただ、散骨した骨は二度と戻らないので、もっとしっかりと供養すればよかったと後悔する人も多いです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

霊園の種類
お墓選びのポイント
公営墓地の求め方
寺院墓地とお布施と戒名
永代供養墓とは
樹木葬とは
納骨堂とは
港区にお住まいの人におすすめの霊園5選
お墓の値段
檀家制度とは