仏壇の選び方

仏壇の選び方のアイキャッチ

仏壇とは

仏壇とは、亡くなった人の位牌を納めて祀るものです。
仏壇はお寺の仏堂を似せたつくりになっています。家の中の小さなお寺とも言われます。お墓に行かなくても先祖や故人との対話ができる場となっています。
近年では住宅事情から、仏壇がないという人も増えてきています。特に賃貸の家に住んでいる家庭では仏壇がないことがほとんどです。
一方で、仏壇購入したいという人は少なくありません。
株式会社インブルームスの調査では、仏壇をもたない人は故人への供養を不十分に感じる傾向にあるという結果がでました。別の調査では、仏壇を購入した人が故人を思い出す頻度が増えて、購入前よりも幸せな気分になったという傾向があるそうです。

仏壇の種類

世の中にはいろいろな仏壇があります。
大きく分けると、伝統的型仏壇と家具調仏壇があります。
伝統的仏壇には金箔で飾られた漆塗りの金仏壇と木目を活かした唐木仏壇があります。
家具調仏壇は現代的な洋間に合うように造られた仏壇です。インテリア性を重視したデザインとなっています。新しい仏壇のデザインとして、小さく置き場に困らない仏壇もあります。現代のライフスタイルにあっていることから家具調仏壇のほうが人気です。

仏壇購入のポイント

仏壇は四十九日の忌明けまでに購入するのが良いとされています。
仏壇を購入する際には部屋の大きさ、家具との調和について考慮する必要がります。
購入する前にどこに仏壇を置くか決めましょう。一般的に仏壇を置く場所は居間か客間です。直射日光が差し込まず、湿気の少ない場所を選びましょう。家に神棚があるときには仏壇の正面には置かないのが一般的です。
仏壇を置きたい場所を決めたら、置く場所に合わせて仏壇の大きさ、デザインを決めます。
置きたい場所の幅、奥行き、高さを採寸しておきます。仏壇を家具の上に置きたい場合は、置き台となる家具の寸法も測っておきます。仏壇を搬入できるか確認するために、玄関から置きたい部屋までにある扉の横幅も測っておくといいでしょう。
採寸を終えたら、希望サイズの仏壇を探して、お店もしくは通販で購入しましょう。仏壇の扉を開いた状態も考慮しましょう。

故人との交流の場

仏壇は故人との交流の場になります。良いことや嫌なことがあったときに話を聞いてもらう場があると、心も落ち着きます。亡くなった大事な人が見守ってくれることを意識できる仏壇は、心の拠り所になります。
マンションなどで仏壇の置き場がない家庭に適した小さな仏壇もあります。経済的に無理のない範囲で検討してみてはいかがでしょうか?

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
臨終の迎え方
告別式の準備
世話役とは?
遺体の安置の仕方
家族葬の仕方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは