家族葬の仕方

家族葬の仕方のアイキャッチ

家族葬とは?

家族葬とは、家族や親族、親しい仲の人だけで小規模に行う葬儀形式のことです。
厳密な定義はありませんが、家族葬は30人以下で行われることが一般的です。

近年では、家族葬を選ぶ方が増えています。
葬儀の参列人数は減少傾向にあり、小規模な家族葬が行われることにつながっています。

家族葬の良さ

家族葬は気心の知れた親しい仲間内だけで静かに見送りすることができます。

一般的な葬儀と異なり、多数の参列者に気を配る必要がありません。
気を配る必要がないので、遺族の負担は軽くなります。

落ち着いて故人と分かれることができるのが、家族葬の魅力です。

家族葬は費用も大きく抑えることができます。
家族葬は一般的な葬儀と比べて、飲食費、接待費用がかかりません。
一般的な葬儀が195万円かかるのに対し、首都圏での家族葬の平均は115万円と約半分に抑えられるのです。
経済的な負担の軽さが家族葬が近年増えてきている最大の理由でしょう。

さらに家族葬は、故人に合わせて葬儀を行うことができます。
故人が生前好きだった音楽を流したり、好きだった花を飾ったりしてお別れをすることも可能で、自由度の高い葬儀の方法になります。

家族葬の行い方

家族葬は十人十色の葬儀方法です。多くの家族葬では仏式を簡略化した形式で営まれます。典型的な家族葬の行い方は以下のような流れになります。

1.ご葬儀の準備
家族葬にお呼びする方のリストを作成してください。
葬儀社も決めておくと、忙しさが緩和されます。

2. ご搬送
あらかじめ決めていた葬儀社に連絡します。お迎えの場所や時間を伝えます。

なお、近所の方に、不幸があったことを知られたくない場合は自宅以外への安置することが多いです。
自宅安置でも、寝台車や葬儀屋のスタッフだと分からない服装での搬送を依頼できる場合があります。
葬儀屋さんと相談して決めましょう。

3.連絡
家族葬に参加してほしい親戚や知人などに連絡します。
連絡は電話で行いましょう。
メールやFAXでは見ているか分からないためです。

4.通夜・告別式
基本的な流れは、一般的な葬式と同じです。
通夜では、僧侶の読経の間に焼香をし、喪主の挨拶の後に通夜振る舞いをします。
告別式では、初七日法要も同日に行います。

5.訃報の連絡
家族葬が終わったら、他の故人とつながりがある人に対して故人の訃報を伝えましょう。
葬儀を終えて、落ち着いたタイミングで行うのが望ましいです。
訃報を知った方が自宅に弔問することがありますので、その対応をする必要があるからです。

訃報の例
「謹啓 ●月●日 <故人の続柄> <故人の名前>が逝去いたしました。
故人の遺志により、遺族、親族のみで家族葬を執り行う事に致します。
つきましては、ご香典、ご弔電などのお気遣いは辞退させていただきます。
生前のご厚情に御礼申し上げます。 <喪主の名前>」

 

後悔のない家族葬のために

家族葬は会葬者が少なく、自由な形式でおこなうことができます。

ただ、自由に決められるために必要最低限しか行わず、気持ちの整理がつかないという人もいます。
家族葬を行うときは、故人のために何ができるかを考えて決めることが重要です。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
臨終の迎え方
告別式の準備
世話役とは?
遺体の安置の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは