遺体の安置の仕方

遺体の安置の仕方のアイキャッチ

遺体の寝かせ方

遺体は敷布団を一枚だけにして、遺体の頭が北向きになるように安置します。

仏壇があれば、仏壇のある部屋に安置しましょう。

真新しいシーツを敷いた敷布団をしいてください。

北向きにできないのであれば、西に向けてください。 遺体の目や口をとじらせ、両手を胸の上にして合掌させます。

掛け布団は薄いものを一枚、天地を逆に(頭の方を足に)して遺体にかけます。
故人が生前好きだったコートや着物の裾を頭に向けてかけてもかまいません。 顔には白い布をかけます。

枕飾り・枕経とは

遺体を安置したら枕飾りを作ります。

枕飾りとは枕もとに置いた供物のことです。
仏式では白い布をかけた机に、花立てご飯ろうそく台香炉団子線香仏壇の鈴を並べます。

花立てには花を一本さします。

ご飯には真ん中に故人が使っていた箸をまっすぐに立ててください。
浄土真宗ではご飯、仏壇の鈴は飾らないのが一般的です。

葬儀スタイルが多様化した現在では、搬送された遺体の安置場所は、自宅とは限りません。
葬儀社の霊安室などになる場合もあります。

枕飾りを整えたら、僧侶を呼んで読経をしてもらいます。
読経してもらうことを枕経といいます。
近くの寺院か、菩提寺にお願いしましょう。

読経している際、遺族や近親者は後ろに控えて、故人の冥福を祈ります。
服装は地味な平福でかまいません。

現在では住宅事情から、枕飾りや枕経を省略されることが増えてきています。
遺体はすぐに納棺されます。

納棺の仕方

枕経が終わり次第、納棺しましょう。

棺の中に敷布団を入れて、遺体を棺の中に安置します。
夏の暑い時期にはドライアイスをいれて、腐敗を防ぎましょう。

納棺の際には、故人が愛用していたものを一緒に納めます。

慌てずに遺体を安置しましょう

遺体の安置は、近親者を亡くして当事者にならない限りまず行うことがないでしょう。

耳に入ってくる情報が少なく、いざというときに困ることもあるかと思います。

特に臨終を終えると非常に慌ただしくなります。
安置する際にも多くの準備が必要です。

お金がかかりますが、葬儀社に相談して、ゆっくりと過ごすのもいいでしょう。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
臨終の迎え方
告別式の準備
世話役とは?
家族葬の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは