世話役とは

世話役とはのアイキャッチ

世話役とは

世話役とは、葬儀を円滑に進めるために手伝いをしてくれる人のことです。

世話役は遺族側の人間であるので、必ず喪服を着用します。
世話役は、親戚、遺族の友人、会社の上司や同僚、町内会や自治会の役員などから選びます。中でも故人や遺族の事情に詳しく、信頼できる人から選ばれることが多いです。

自宅葬や弔問客の多いお葬式では、複数の世話役が必要になります。
仕事が多く、一人ではまわしきれないためです。

複数の世話役がいる場合には世話役を統括する世話役代表を決めましょう。人望があり、指導力、統率能力に長けている人が適任です。

ただ、最近は世話役を置かないことも多いです。葬儀式場で葬儀を行う際には、実務を葬儀式場のスタッフに任せる場合も多くなっています。喪主の役割を兄弟姉妹、親戚などで分担する場合もあります。

 

世話役の役割

世話役は多岐に渡る葬儀の実務を受け持ちます。故人に付き添い、弔問を受けなければならない喪主や遺族に代わって、世話役が葬儀を執り行います。

世話役の主な仕事は受付会計進行などです。

世話役を引き受けた際に、早急に対応するべき役割は受付の仕事です。
通夜までの時間が短いため、弔問客を迎える準備に入らなければなりません。
具体的には、会場、道路・駐車場案内の準備をする必要があります。
事前に駐車場の確保をし、当日は参列者の車両や霊柩車の誘導を行うのが受付の担当です。

会計は葬儀に関する経理全般を担当します。香典や葬儀に関するお金の出し入れを管理します。
具体的には喪主から預かった現金の出納管理精算出納帳の記入などです。

進行の仕事は、葬儀の司会を担当します。
他の世話役、僧侶、葬儀社と連携してスムーズな進行を図りましょう。
あらかじめ弔辞や弔電紹介を行う時間を大まかに設定しておくと、よりスムーズな進行できます。なお、焼香の順を読み上げるときのために、名前の読みと出欠を必ずチェックしておくことは絶対に必要ですので忘れないでください。

 

世話役へのお礼

世話役は大変な仕事です。

苦労をいとわずに手伝ってくれた以上、葬儀が終わったら世話役にお礼の言葉を述べて心付けを送るのが基本です。 
感謝の気持ちを込めて手伝ってくれたお礼はきちんとしたいものです。

お礼はできるだけ早い時期にしましょう。葬儀の翌日か、遅くても翌々日が一般的です。

マナーとして、心付けを贈る際は無地の白い封筒に入れ渡しましょう。
なお、のしや水引は付けないでください。

表書きは、「志」または「御礼」を毛筆か筆ペンで書きましょう。宗教を問わず使うことができます。相手に不幸があったわけではないので、薄墨にはしないでください

心付けの金額の相場は、1万~2万円が目安です。
なお、目上の人へのお礼は商品券が無難でしょう。現金だと失礼になる場合があります。

職場の人にお手伝いをお願いしたお礼には、菓子折りを渡すのが一般的です。

大変な時期に手伝ってくれた世話役にはきちんとお礼をしておきたいものです。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
臨終の迎え方
告別式の準備
遺体の安置の仕方
家族葬の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは