告別式の準備

告別式の準備のアイキャッチ

告別式とは

告別式とは、故人と関係があった人たちが、最後の別れを告げる儀式のことです。

通夜と比較して、社会的に死を公示するものといえます。原則として 誰でも参加できる儀式 です。

告別式は、通夜の翌日の日中に行われます。近年では、告別式は葬儀と一緒に行われることがほとんどです。 式場の設営は、前日の通夜から引き継ぐので準備する必要はありません。

 

葬儀・告別式の流れ(10:00開始の場合)

告別式は宗教によってことなりますが、今回は仏教式の一般的な葬儀・告別式の流れについて紹介します。

 9 :00 遺族・親族集合
 9 :30 受付準備
 9 :45 会葬者着席
 9 :55 僧侶入場
10:00 開会の辞・読経
10:10 弔辞拝受・弔電奉読
10:20 焼香(遺族・親族)
10:35 焼香(弔問客)
10:40 僧侶退場・開会の辞・お別れの儀
10:55 喪主挨拶
11:00 出棺

9:00 遺族・親族集合

葬儀開始の一時間前に集合し、葬儀・告別式の段取りの最終確認を行います。
 

9:30 受付準備

会葬者が着席できるように受付を行います。
 

9:45 会葬者着席

おおよそ開始する15分前には着席できるようにしましょう。
 

9:55 僧侶入場

開始5分前には僧侶が入場します。
 

10:00 開会の辞

司会者の案内で葬儀を開式します。
 

10:01 読経

読経の後に仏門に入れるように引導を渡します。
 

10:10 弔辞拝受・弔電奉読

弔辞はひとり3分程度の内容を3人話すのが一般的です。弔電に関しては時間のゆとりがなければ、発信者の名前のみの紹介する形になります。弔辞、弔電ともに、霊前にそなえます。
 

10:20 焼香(遺族・親族)

2度めの僧侶の読経が行われます。読経の続くなか、遺族、近親者は血縁の深い順に焼香します。
 

10:35 焼香(弔問客)

弔問客が焼香します。遺族は弔問客一人ひとりに対して黙礼返礼しましょう。 参列者が多い際には焼香台を増やして、滞ることの内容にしましょう
 

10:40 僧侶退場

弔問客の焼香をおえると僧侶は読経を終え、退場します。僧侶退場の際には、遺族、近親者は頭を下げて謝意をしめします。

10:41 開会の辞

10:45 お別れの儀

告別式が終わると、故人と最後のお別れをします。裁断から降ろされた花を別れ花として一輪一輪中にいれます。お別れが済んだら、棺の蓋を閉じて釘を打ちます。棺に釘が打ち終えたら、棺の足を先にして霊柩車まで運び入れます。
 

10:55 喪主挨拶

霊柩車に棺を載せたら、喪主が挨拶を行います。
 

11:00 出棺

挨拶をおえたら、棺を火葬場まで運びます。

 

別れの場である告別式

告別式は故人との関係者との最後の別れの場です。

通夜と異なり、近親者以外も参加されます。
社会性が強いことから喪主だけのものでなく、弔問客のものでもあります。告別式を行うときには故人と弔問客がお別れができるように執り行いましょう。  

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
臨終の迎え方
世話役とは?
遺体の安置の仕方
家族葬の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは