臨終の迎え方

臨終の迎え方のアイキャッチ

臨終とは

臨終とは人が亡くなる直前を指します。
一般的には息を引き取る瞬間も指します。

臨終の時にはコミュニケーションを最期まで大事にしましょう。臨終の際、意識がなくても周りの声が聞こえているという専門家もいるからです。思いを伝える最後のチャンスですので伝え残して後悔することのないように励ましや感謝の言葉をかけてください。

医師が亡くなったと判断したら、割り箸の先に水を含ませた脱脂綿を巻き付けたもので唇を湿らせます。末期の水という儀式です。故人が生き返ることを願って行われます。割り箸や水は新しくきれいなものを使用してください。

また、神道の考えでは、死の汚れを清めるために行われるとされます。末期の水は臨終に立ち会った者のなかで血縁の濃い順番から行っていきます。
 

臨終の連絡

病院で危篤の知らせを受け取ったら、近親者や最後の別れをしてほしい人に連絡を取ります。あらゆる関係者にすぐに連絡することは難しいので、臨終に立ち会ってもらうのは家族や近親者など特に親しい人で十分です。

必要であれば、勤め先の直属の上司親しかった友人へ連絡します。 とはいえ、かえって相手の負担になることもありますので無理に呼ばなくても大丈夫です。

遺族は、故人が亡くなったときから色々な手続きで忙しくなります。

そもそも連絡をする人を把握するだけでも大変な場合もあります。
入院が長い場合には、あらかじめ連絡する人の一覧表を作成しておくと安心です。
連絡する相手が多くて大変な場合は、代表者数名に連絡を入れて他の人への連絡をお願いしましょう。

連絡は電話が基本です。
名乗ってから手短に事実のみを伝えます。一刻を争うためです。
具体的には故人と自分の関係亡くなった日時と理由葬儀の日程や場所を伝えてください。

深夜でも早朝でも電話して大丈夫です。ただ、深夜や早朝の場合は失礼を一言でいいので謝ったほうが、トラブルを避けられます。

医師により死亡の確認がなされたら、神父や神職、菩提寺の僧侶への連絡も急いで行います。
神父や僧侶の予定を聞いて、葬儀の日程を決めるためです。菩提寺がない場合は、葬祭業者に連絡をとりましょう。

近所や町内会へも忘れずに連絡を入れます。葬儀を行う際に、近所に迷惑をかけたり、助けてもらったりすることがありるからです。またトラブルを避けることにもつながるので必ず連絡を入れてください。

臨終後の儀式

末期の水の儀式が終わったら、故人の遺体を拭き清めます
現在はアルコールを含ませたガーゼなどでふく清拭がほとんどです。

清拭が終わり次第、死化粧を行います。

男性 ⇒ を整え、ひげを剃る
女性 ⇒ お白粉口紅で薄化粧を施す


死化粧が終わったら、新しい衣服に着替えさせます。もし故人に着させてあげたい服があれば予め用意しておきましょう。

臨終の不安を取り除くために

人はいつか亡くなります。自分や身近な人が死を迎えることを想像すると不安になると思います。

臨終の儀式は故人の安らかな旅立ちを願って行われるものです。自分、そして大切な身内の不安を取り除くためにも必要な儀式といえます。後悔しないためにもできる限りのことしましょう。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

通夜とは?
告別式の準備
世話役とは?
遺体の安置の仕方
家族葬の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは