通夜とは?

通夜とは?のアイキャッチ

通夜とは?

通夜とは、故人と縁の深い人が集まって別れを告げる儀式のことです。

通夜では2時間程度読経や焼香を行われます。
特に最近では18時、19時からの2時間程度の半通夜が一般的です。仕事のある昼間に行われる告別式よりも出席しやすいためです。

通夜の前夜に身内だけで仮通夜を行うことがあります。
もともと、通夜は故人と親しい人が「夜を通して」一緒に過ごす儀式でした。本通夜の前日の仮通夜か、本通夜の日で一般弔問客が帰った後に行うことがほとんどでした。

現在でも、夜通し灯明と言われる家族が線香の火を絶やさない、昔ながらの風習を守る家も残っています。  

通夜の流れ(18:00開始の場合)

17:00~17:30 受付開始
17:30      僧侶の到着
17:45      遺族・近親者の着席
18:00~18:30 僧侶の入場と読経
18:30~18:40 焼香
18:40~18:50 僧侶の法話
18:55      喪主挨拶
19:00      通夜振る舞い
21:00      通夜振る舞いの終了

①    17:00~17:30 受付開始

遅くても通夜の始まる30分前には受付を設置します。
 

②    17:30 僧侶の到着

通ul>夜の始まる30分前には僧侶が到着するように世話役が迎えに行きましょう。
到着したら、控え室に案内してください。喪主は、僧侶に通夜の進め方について打ち合わせをします。
また、世話役は、僧侶に祭壇の飾り付けや供物の位置などを確認してもらい、法話の有無や通夜振る舞いの確認をします。
 

③    17:45 遺族・近親者の着席

参列者一同は着席し、喪主、遺族、近親者、世話役代表などは身支度を整えてください。通夜の15分前には着席して、僧侶の入場を待ちます。参列者も着席して、僧侶が入場すると通夜の開始です。
 

④    18:00~18:30 僧侶の入場と読経

僧侶が入場して祭壇の前に座ります。読経は30分~40分程度です。参列者は故人の冥福を祈りながら静かに座っています。  

⑤    18:30~18:40 焼香

参列者が多い時は、読経の途中から行われる場合もあります。
僧侶から「ご焼香をどうぞ」という案内があってから焼香します。焼香する順番は僧侶喪主遺族近親者参列者です。

喪主と遺族は焼香後に参列者に一礼してから席に戻ります。参列者が焼香時に黙礼をしてきたら、遺族は座ったまま黙礼を返しましょう。
 

⑥ 18:40~18:50 僧侶の法話

読経後、僧侶の法話がある場合があります。
法話が終わると僧侶は「通夜の法要を終わります」と告げて、退場します。
 

⑥    18:55 喪主挨拶

僧侶が退席した後、喪主が遺族を代表して、弔問客に挨拶をします。
 

⑦    19:00 通夜振る舞い

通夜が終わると通夜振る舞いを開始します。
なお、通夜振る舞いとは、弔問客に飲食のふるまいをすることです。

喪主は弔問客を通夜振る舞いの席に促します。僧侶も忘れずに案内しましょう。

僧侶が通夜ぶるまいを辞退した時は、御膳料を包むのが一般的です。相場は5,000円~10,000円です。通夜振る舞いでは故人を偲ぶ思い出話がされます。
 

⑧    21:00 通夜振る舞いの終了

通夜振る舞いの予定時間が少しすぎたら、喪主がお開きの挨拶をします。通夜が滞りなく進んだお礼を述べて、「この辺でお開きにさせていただきます」などと、手短で十分です。

葬儀、告別式の日時、場所などを伝えてもよいでしょう。

終了の挨拶は、弔問客が帰るきっかけになります。注意してほしいのは喪主や遺族は帰る弔問客を見送ってはなりません。世話役が遺族に代わって目上の方なども見送ります。
 

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

臨終の迎え方
告別式の準備
世話役とは?
遺体の安置の仕方
家族葬の仕方
仏壇の選び方
通夜の準備は何をすればいい?
【仏壇でお悩みの方へ】仏壇の種類解説
仏壇を置くのに最適な向きは?
直葬とは