お墓購入での消費税増税の落とし穴とは?

お墓購入での消費税増税の落とし穴とは?のアイキャッチ

お墓と消費税の関係と落とし穴

お墓を購入すると消費税が一部課税されます。
一部というのは墓石の工事代にかかるのです。
 

お墓の費用

永代供養料(土地代)墓石施工料(石工事代)


節税するためにお墓を購入するなら、消費税率10%引き上げ前に購入することをオススメします。

特にお墓を建てる時の工事代の相場は100万円といわれています。
つまり、消費税率10%引き上げ前に購入できれば、たいだい2万円もの節約になるのです。

ただ、お墓と消費税の関係には実は落とし穴があり、2019年の夏に考えるのでは遅いことはご存知でしょうか?

 

消費税率8%でお墓を購入するには?

2019年10月1日から消費税率が10%に引き上げられることは既にご存知ですよね。

しかし、9月31日にお墓を購入したとしても消費税率はほぼ間違いなく10%かかります。

なぜなら、お墓の工事は請負契約なので、原則としてお墓の引き渡し時(つまり墓石工事が完了した時)の消費税率が適用されるからです。

お墓を購入したら、そのまま手に入るのではなくお墓を建てなければいけませんよね。

お墓を建てるには通常30日かかります。そのため、9月31日に購入しても、大体引き渡されるタイミングは12月になり消費税率10%になってしまうのです。

逆を言えば、遅くても6月末までにお墓を購入しなければ、消費税率8%で購入するのは難しいといえます。

しかも、2019年には消費税率の引き上げ前の駆け込み購入が増えると予想されます。
駆け込み購入が増えることで直前のお引渡しが集中するので、人手が足らずお墓を建てるのに必要な日数が普段よりも長くなるでしょう。

お墓を購入する必要がある方は余裕をもってご検討ください

 

生前購入者が消費税8%でお墓購入する裏技

しかし、2019年3月31日までにお墓を購入した場合、引き渡し日を気にする必要がありません。

消費税率の10%への引き上げは2019年10月1日に行われますが、この半年前の2019年4月1日を指定日といいます。

実は例外として、4月1日の指定日よりも前に請負契約をすれば契約した時の税率が適用されるのです。

つまり、2019年3月31日までにお墓を購入した場合は10月以降の引き渡しでも消費税率8%で購入することができてしまうのです。

「生きているうちに自分たちのお墓を検討しているから、今すぐお墓は必要がない」

「お墓が必要だけど、10月までにまとまったお金を用意するのは厳しい」

特に生前のご予約を考慮している人は、購入したいという霊園があれば事前に契約をしておくことをオススメします。
しかも、生前にお墓購入を購入することは相続税の節税にもなります

まさに一石二鳥なので、お墓の生前購入を考えている人は2019年冬の間に検討しましょう。

 

余裕を持って消費税を節税しよう

消費税の引き上げが家計に負担を与えることは間違いないでしょう。

特にお墓は決して安い買い物ではありません。
他の出費と比べて影響はより大きいといえます。

お墓を求めるなら、できるだけ節税するためにも余裕をもってお墓の検討しましょう。

特に消費税を節税するためには2019年3月31日までに資料の請求や見学するのが安心です。

なお、「近くのお墓」では霊園の資料請求や見学予約、お墓探しの相談を無料で受け付けています。
下記ボタンから霊園探しのページにいけますのでご気軽にご利用ください。

 ピックアップ霊園

 

霊園を検索する
お墓探し
サポート
近くの霊園
一括紹介
カンタン
資料請求
お気軽にお電話ください。
0120-759-085
相談無料 / 年中無休(9:30~18:00)

関連記事

お墓の相場はどのくらい?
人気霊園の3大ポイント
お墓の歴史
無縁墓とは
戒名・法名・法号の知識
お盆の由来を知ろう
ペットが死亡した時の対応
指定石材店制度とは
手元供養とは